統一教会のことが話題になっていたので書いてみました


統一教会は韓国で文鮮明により創設されました。
現在の名称は世界平和統一家庭連合。旧称は世界基督教統一神霊協会です。
外部からの 通称としては、統一教会または統一協会という名前がよく使われます。
世界平和統一家庭連合 - Wikipedia
文鮮明 - Wikipedia

関連団体
統一教会の関連団体はたくさんあります。関連団体かどうかはわかりにくいし、知らずに関わった人をむやみに責めるのは、分断を生みかねないので避けたほうがいいと思います。
ただし、知った後の対応によっては、批判が必要になる場合もあるでしょう。
関連団体の中では、大学生が活動する原理研究会と、反共産主義政治団体である国際勝共連合が有名です。
原理研究会は、最近では英語名の略称であるCARPの名前で活動していることが多いようです。
統一教会関連の企業と団体 - Wikipedia
原理研究会 - Wikipedia
国際勝共連合 - Wikipedia

山口貴士弁護士と荻野稔議員の関連ツイート


荻野稔議員の弁明には疑問が残ります。
荻野議員の弁明ツイートはいくつかありますが、統一教会の宗教活動にかかわっていないということが中心になっています。
統一教会系の団体が政治家とかかわる時は宗教色を抑えることが多いようなので、宗教活動にかかわっていないというのは普通のことですし、それだけでは弁明として弱いのです。

児童ポルノと漫画・アニメ規制に関する『世界日報』社説のアーカイブ 2006-2010年
児童ポルノ漫画/制作そのものを禁止せよ
児童ポルノ/法改正し「所持」も禁止を
都青少年条例/漫画の児童ポルノ規制は当然
児童ポルノ規制/子供保護の観点で厳しく
性描写規制/遅きに失した都条例改正

関連する書籍や雑誌記事は、何を紹介するのが適当かわかりませんが、とりあえず、手元にコピーがあったものから二件紹介します。

副島嘉和・井上博明「これが「統一教会」の秘部だ 世界日報事件で〝追放〟された側の告発」
文藝春秋1984年7月号
世界日報 (日本) - Wikipedia
副島嘉和 - Wikipedia

鈴木邦男勝共連合民族主義運動の敵だ」
朝日ジャーナル』1985年2月1日号
『宗教なんてこわくない』(1993年)に、新たに書かれた附記などを含めて収録。
統一協会は愛憎半ばするものがある」(上記書籍)という鈴木氏による記事。「彼らは決して自民党や右翼の「ボランティア」や「使い走り」ではなく、もっと大きな野望を持ってるんですよと僕が警告したのがあの文だ」(同書)とのこと。
記事では、「反共活動を一緒にしている自民党や体制派文化人に対しては、勝共連合には入るよう勧めるが、統一教会原理研には入れようとしない(なかには一部の例外もあるが)」ことなどが紹介されています。
この記事に対して、鈴木氏は仲間の右翼からかなりの批判を受けたようです。

ついでに、おすすめというわけではないのですが、手元にあった次の本を紹介します。

『私のみた勝共運動』 勝共運動を応援する会編
国際勝共連合 1987年)
三塚博氏などの大物政治家や元自衛隊幹部の人々から三波春夫氏まで、各界の70人ほどが文章を寄せています。

選挙支援に関しては、次のような記述があります。政治家にとってはありがたいことであり、支援を受けた政治家が勝共連合に好感を抱く理由がよくわかります。
「それに勝共連合の支援を受けた殆んどの候補者が異口同音に語るところは、「勝共からの応援者は法定運動費をすべて辞退して早朝から夜遅くまで本当によくやってくれ、来客の応対にも誠意があふれて実に評判がよく、本当によかった」というのである。私も毎回の選挙にそうだった。感謝している。」(加藤武徳「信念・誠意・勇気」)

著者の多くが、勝共連合共産主義と戦う同士であることや、メンバーの人柄の良さを重視し、背景にある思想に関しては、あまり知らなかったり、思想に共感しなくても許容する例が見られます。以下に、何例か紹介します。

国際勝共連合の中心的なメンバーは、キリスト教徒が多いと聞くが」(杉本儀一「私の支部活動」)

統一教会の「原理講論」の内容がカトリシズムの教理と合致しない点があることは充分承知しているが、」(フランシスコ・服部比左治「勝共運動と私の立場」)

「それ以後、私は許す限り機会を見て、この統一思想につき講習会に出席し、またビデオ等で理解を深めるようにしている。まだ勉強不十分で、納得のいくまでには至っていないので、ビデオ学習を続行したいと考えている。」(小山福松「文鮮明先生と勝共青年」)

この本の内容にはあまり共感しないのですが、気持ちはわかる点もあります。
たとえば、三波春夫氏のようにシベリア抑留経験を持つ人がソ連を憎むのは当然のことでしょう。
しかし、敵の敵だからといって、味方だとは限りません。
政治家・自衛隊関係者には、もっと危機感を持ってもらいたいと思います。

以下余談です。

統一教会に関しては特に詳しく調べているわけではないんですが、部屋を探すと、『Moonism』、『世界学生新聞』、全新連系の学生新聞、純潔運動キャンペーンのチラシ、民青を論破するマンガ『キャンパス レボリューション!』など、いろんなものが出てきました。
普通の蔵書は大部分を手放したんですが、変わった資料は結構残っています。変わったものは手放すと再入手が難しいので。

以前、親が知人の統一教会信者から、物品購入を強く勧められていたことがありました。壺などの霊感商法ではなく一般的な商品なのですが、我が家に必要なものではない上に、お値段もかなりのものだということでした。
親は断っていたので特別被害があったわけではないのですが、迷惑な話です。

末端の信者は真面目ないい人が多いというのはよく語られることですが、わたしの知る人もそんな感じです。だから、人を見る目があっても組織を見る目がなければ取り込まれてしまうのだと思います。

統一教会を批判する側は「統一教会」ではなく「統一協会」と表記することが多いようですが、これって昔からそうでしたっけ? この辺、記憶が曖昧です。

本は換金できる資産という考えかた

https://twitter.com/ryotakure/status/1385570669769805824
読む・買う前から手放す事を提案…書店の棚に並ぶ「新刊本はメルカリで意外と高く売れる」POPが自分の脚を食べる蛸の様に見える - Togetter
「新刊本はメルカリで意外と高く売れる!」TSUTAYA一部店舗のPOPが批判呼ぶ CCC「配慮欠けた」とキャンペーンを中止 - ねとらぼ
CCC、メルカリ新刊買い取りキャンペーン中止に - 文化通信デジタル

わたしは、本を換金できる資産と考えること自体は理解できます。
メルカリをどう評価するか、CCC(TSUTAYA)をどう評価するか、書店がこのような宣伝をするのをどう評価するか、などはまた別の話ですが。

といっても、わたし自身はそういう風には考えていません。しかし、昔の読書エッセイなどを読むとそういう考え方が出てくることがあります。だから、なじみがある考え方なのです。

わたしは、換金目的よりも置き場所の問題で、多くの本を古本屋に売ってきました。広くもない部屋に一万冊ほど詰め込むと、生活に支障をきたし始めるのです。
現在は蔵書の大部分を処分してしまったため、読書関係の本もあまり残っていないのですが、手元にあった本の中から、本の換金に関する部分を二件紹介します。

『現代人の読書』 紀田順一郎 三一書房 1964年
「よく蒐集し、よく読むものは、また、よく売るものである。(中略)できるだけ有利に換金処分して、一冊でも多く新本を購入したい。」

『古本屋サバイバル』 編書房 2001年
「古書価格のここ二十年間の歴史を僕の古書体験から考えますと、七〇年代の頃はみすず書房などの本を非常に高く買ってくれた。持っていくと六掛けとか七掛けとかね、お金のない時、本当に助かった。(中略)だから読者のほうも本が資産だったんです。それなりの本棚が一本あると、金がなくなったら売りに行けば、その定価の七掛けで買ってくれるから、今日の飯代、飲み代には困らなかった。しかしそれはもう完全に崩れちゃいましたよね。」(小田光雄

あまり自信をもって分析はできませんが、本の資産価値が下がって、売る習慣が下火になる谷間の時代を経て、ブックオフヤフオク・メルカリの登場などにより、本を換金できる資産と考える層や、その対象となる本の種類が、かなり入れ替わったような気がします。

北村紗衣氏の発言を紹介した記事がわかりにくい件


北村紗衣准教授、”男性皆殺し協会” 紹介記事の反応に「去勢におびえる男性陣」「びびるだろうね!楽しいな!」現在は削除済み - MGTOW NEWS
こちらの記事の件です。
次の記事でも上記記事が紹介されています。
北村紗衣・北守・牟田和恵・古谷有希子各氏の過去発言|喜多野土竜|note

タイトルを見ると、「去勢におびえる男性陣」「びびるだろうね!楽しいな!」という発言が削除済みで読めなくなっているようにも思えますが、そうではありません。

取り上げられている北村氏のブログ記事・ツイートは、次の三件です。
A:『男性根絶協会マニフェスト』*1の紹介記事 2009年 著作権侵害のため削除 
   削除理由の説明:https://twitter.com/Cristoforou/status/1374711272608985088
B:「去勢におびえる男性陣」*2 2009年 2009年の映画をふりかえる - Commentarius Saevus
C:「びびるだろうね!楽しいな!」 2011年 https://twitter.com/Cristoforou/status/37849635515142144

*1 「男性根絶協会マニフェスト」は北村氏による訳題、「男性皆殺し協会マニフェスト」は『MGTOW NEWS』による訳題。
*2 正確には「去勢の恐怖におびえた男性陣」。

『MGTOW NEWS』記事本文では次のように書かれています。
武蔵大学人文学部の北村紗衣准教授が、自身のブログ上に公開したSCUM Manifesto (男性皆殺し協会マニフェスト) 紹介記事の反応に対して、「ソラナスがあまりに怖かったようで、去勢の恐怖におびえる男性陣からコメントを頂いた」「(紹介記事を見た人は)びびるだろうね!楽しいな!」と投稿していたことがわかった。*1なお、該当のブログ記事はすでに削除されている。」

「該当のブログ記事」とはAのことで、「去勢の恐怖におびえた男性陣」という記述のあるB(ブログ記事)と「見た人はびびるだろうね!楽しいな!」という記述のあるC(ツイート)は現在でも見れます。

『MGTOW NEWS』では、「去勢におびえる男性陣」の後に「びびるだろうね!楽しいな!」とあるので、男性陣がおびえることを喜んでいるようなニュアンスに読めてしまいますが、北村氏のブログ記事では、次のように続いています。しばらく話題を変えるという内容で、喜んでいるというニュアンスは無いように感じます。

2009年の映画をふりかえる - Commentarius Saevus
「昨日まで二連続で訳したソラナスがあまりに怖かったようで、去勢の恐怖におびえた男性陣からコメントを頂いたりしたので、今日から数日間、ちょっと気楽な内容を…」


このツイートに関しては複数の論点があると思いますが、ここでは検索語ツッコミ紹介について述べます。
『MGTOW NEWS』記事では「「セックス」で検索」という部分は紹介されていませんが、「セックス」で検索してしてきた人が、思いもしないものを読んでしまってびびっているのを想像し、面白がっているツイートです。

現在では、アクセス解析を行ってもごく一部の検索語しかわからないようになりました。かつてはよく見かけた検索語ツッコミ紹介は、廃れてしまっています。
検索が下手で思わぬページにたどり着く人を面白がるのは検索強者による上から目線で悪趣味だと言われたら、まあそれはそうなんですが、わたしは検索語ツッコミ紹介が好きで、いろんなサイトのものを読んでいました。ストレートすぎるエロワードでの検索や、うちにはそんなもの無いよっていうサイトにやってくるというのは、ベタな定番ネタでした。
わたしは今のところ、検索語ツッコミ紹介をやってはいけないことだとは思っていませんが、モラルのアップデートが必要な場合もありますし、今後も考え続けたいとは思っています。

プライバシー・ポリシー(固定ページから移動しました)

※固定ページから移動しました

広告の配信(Google AdSense)について

当ブログは、第三者配信の広告サービス Google AdSense を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するために Cookie を使用することがあります。

Cookie を無効にする設定および Google AdSense に関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

広告の配信(Amazonアソシエイト)について

当ブログ『趣味は検索』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザに Cookie を設定したりこれを認識したりする場合があります。

アクセス解析ツールGoogleアナリティクスについて

当ブログは、Googleによるアクセス解析ツールGoogleアナリティクスを利用しています。

Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のために Cookie を使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
規約に関する詳細は「Google アナリティクス利用規約」をご覧ください。

「斎藤次郎さん… いったい何者なのだ…」


『アオイホノオ』15巻、新人賞の選評でほめられたホノオモユルはこう思います。
「知らん… この…俺を一番ほめてくれている斎藤次郎さん… いったい何者なのだ… 漫画界とどういうつながりを持った人なのだ!?」

一応、「※斎藤次郎氏は、教育評論家、漫画評論家、漫画原作者です。」という注記はあるのですが、いったい何者なのか?

アオイホノオ(15) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

アオイホノオ(15) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

 



斎藤次郎 (教育評論家) - Wikipedia

●「ぼくら語り」の夜明け・前編: たけくまメモ
●「ぼくら語り」の夜明け・後編: たけくまメモ
斎藤次郎、真崎守(峠あかね)トークイベント「「COM」のコミュニケーション」 - 宮本大人のミヤモメモ(続)
「COM」のコミュニケーション - Togetter
斉藤次郎、真崎守(峠あかね)トークイベント | mixiユーザー(id:137593)の日記
斉藤次郎『共犯の回路』(73年):夏目房之介の「で?」:オルタナティブ・ブログ
ロッキングオンの時代●第三章●時代の風|橘川幸夫|note
座談会「まんがいのちかしょっぱいか」 真崎守とその他一同|橘川幸夫|note

[amazon] 日本のZINEについて知ってることすべて: 同人誌、ミニコミ、リトルプレス―自主制作出版史1960~2010年代
インタビューが載っています(264-266ページ)。

マンガ研究 vol.22 - ゆまに書房
「屈折するマンガ言説─斎藤次郎、その可能性の中心─」(可児洋介)が載っています。研究する側ではなくされる側です。

[amazon] 私の「ルパン三世」奮闘記: アニメ脚本物語
テレビアニメになる前の、実現しなかった劇場版アニメ企画に関わっていたそうです。

[amazon] 気分は小学生―百石小学校四年竹組留学記 (今ここに生きる子ども)
50歳を過ぎてから、小学四年生のクラスに「留学」しています。

大麻報道センター - 産経的大麻報道
2007年には大麻所持で逮捕。
被告人質問では、「大麻には意識の拡張作用があり、心を豊かにする。自分や周りを深く知るために役立つ」と述べています。


斎藤次郎さん… いったい何者なのだ…

「マウンティング(人間)」の用例:1979-2008


『マウンティング』はなぜ流行してるの?
Nagise氏以降はこちらにまとまっているので、「マウンティングみたいな」というような比喩としての使い方も含め、それ以前の用例を紹介します。

Architecture and urbanism - Google ブックス
1979年
「敗戦と言う
弱味につけ込んでマウンティングされてしまった」

諸君 - Google ブックス
1996年
「政界サル山の権力争奪戦で、小沢にマウンティングされた過去があるからだ。」

https://twitter.com/mcym163/status/976341781536112640
町山広美氏 『CREA』 1999年6月号
「マウンティングみたいな機能」

翻訳会社徹底比較スレ 2nd round
2005年
「小山の大将やボス猿になりたがるやつっているよね。
(中略)
サルと仕事をするかしないかは
マウンティングの例を書き込んでくれれば
あとは読んだ側が判断すればいいと思う。」

飯を喰う時足組むな!
2006年
「向かい相手の方より自分が上だというマウンティング」

マウンティング until:2008-09-20 - Twitter検索
動物の話が多いのですが、人間の例もあります。

本の幅広帯リンク集


朝日文庫『悪人』(吉田修一)から広まった、ほぼ全面の帯と、それ以前からある幅広帯に関するリンク集です。

帯 (出版) - Wikipedia

「新書」編集長に聞く 第12回 生活人新書編集長 林史郎さん
「 帯が広い新書というのは、当初、私たちだけでした。」とあります。

非属の才能全帯絵の謎 | リゾート計画
『非属の才能』著者、山田玲司氏のブログ記事。

編集者 柿内芳文氏の伝説のエピソードを振り返る - ログミーBiz
『非属の才能』の帯について、著者と編集者が語っています。

#非属の才能を届けたい キャンペーン | 書籍販売部 | 光文社
2018年の重版で、『非属の才能』に新しい全面帯ができています。
それまでの全面帯は、「現在のカバー」と呼ばれています(その下に本来のカバーがあるのかは不明)。

(本の舞台裏)首まで届く「腰巻き」:朝日新聞デジタル
[リンク切れ] http://www.asahi.com/articles/DA3S10921366.html

苦境の新書救世主!? 表紙カバー? いいえ「特大帯」なんです(1/3ページ) - 産経ニュース

文庫全面カバー帯 定着 : ライフ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
[リンク切れ] http://www.yomiuri.co.jp/life/book/news/20160518-OYT8T50016.html

おすすめ文庫王国2017 - 本の雑誌社の最新刊|WEB本の雑誌
目次によれば、「 悪人帯って何? 各社の文庫幅広帯徹底比較!」(高頭佐和子)という記事があります。

【特別版】光文社新書・三宅貴久編集長に聞く! | 連載コンテンツ | 角川新書

【2016年11月刊オススメ】『ヒットの崩壊』(講談社現代新書) | 連載コンテンツ | 角川新書
1971年の『沈黙』(遠藤周作)が全面帯の本として紹介されています。
全面帯とカバーの違いについての説明はありませんが、はずしても商品として成り立つ場合は帯、という判断ではないかと思われます。

新書―テーマ・タイトルをどう決めるのか :: デイリーポータルZ

新潮文庫の100冊 - Wikipedia
2000年の企画「新潮文庫20世紀の100冊」では、本来のカバーの上に企画のカバーがかかっていました。
当時、公式サイトには「特製ダブルカバー」「特製カバー」とあり、帯とは呼ばれていません。