読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

刑事コロンボ「殺人処方箋」旧吹替版収録のブルーレイソフトを買いました

刑事コロンボ
[広告]


昨年の11月に発売されたブルーレイソフト「刑事コロンボ傑作選 殺人処方箋/死者の身代金」を買いました。ブルーレイ・プレイヤーは持っていないので、自宅では見れないのですが。

刑事コロンボ傑作選 殺人処方箋/死者の身代金 [Blu-ray]

刑事コロンボ傑作選 殺人処方箋/死者の身代金 [Blu-ray]

 


「殺人処方箋」は単発ドラマとして制作された、「刑事コロンボ」の第1作です。
そして、この作品には、次の二種類の吹替があります。
 1972年 NHK 飯嶋永昭訳 犯人役:瑳川哲朗
 1983年 日本テレビ 額田やえ子訳 犯人役:若山弦蔵

旧吹替版は音源も残っておらず幻の状態になっていたのですが、2011年12月に発売された「刑事コロンボ コンプリート ブルーレイBOX」で、ラスト14分の音声が収録されました。
このBOXは、存在する別バージョンの吹替を収録するのみならず新録まで行ったという圧巻の内容です。
ただし、それなりのお値段なので手が出せずに、バラ売りされる日が来るのを待ち望んでいました。

初のバラ売りなのかは知りませんが、今回「傑作選」という形で発売され購入することができました。
ブルーレイ・プレイヤーは持っていないのでDVDの方がよかったのですが、店頭で見比べたところ、DVDの方には旧吹替は収録されていないようです。

「殺人処方箋」については次の記事でネタバレ感想を書いています。