読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳揺れアニメ史に関するメモ

[広告]


先週、ほうとうひろしさんが『Tokyo Woes』を紹介されていたので、「1945年に乳揺れ描写をしているという点でもアニメ史的に重要ですね」とリプライしてみたところ、数時間後には1940年代の【アニメにおける乳揺れ表現の歴史】という連続ツイートが出来上がっていました。
https://twitter.com/HiroshiHootoo/status/790962071206637570

去年「1945年の乳揺れアニメ「Tokyo Woes」」を書いたのですが、この機会にいくつか追記をしてみます。

Gainaxing - TV Tropes」の「Western Animation」の項の実例は大部分が削除されていました。
Mickey's Amateurs - The Encyclopedia of Disney Animated Shorts」の「Original Animator's Drafts」の項も削除されています。

前回の記事では『ミッキーのアマチュア合戦』(1937年)におけるクララ・クラックの乳揺れを紹介しました。
クララ・クラックは初登場の『ミッキーの芝居見物』(1934年)の時点から体全体が揺れていますが、『アマチュア合戦』では揺れ描写がさらに強くなっています。
『アマチュア合戦』の「Gainaxing - TV Tropes」での紹介文(現在は削除)を読み返し、動画を見返してみたところ、クララ・クラックは胸というより体全体が揺れているのに対し、クララベル・カウは微妙ですが胸が揺れているように見えました。

乳揺れの件でラルフ・バクシ監督作品が話題になる際、『フリッツ・ザ・キャット』 (1972年)、『ファイヤー&アイス』 (1983年)、『クールワールド』 (1992年)が挙げられることが多いと思うんですが、思いっきり揺れまくっているのは『クーンスキン』(1975年)です。

イタリアのテレビアニメ『La Linea』の番外編『La sexilinea』(1978年)に乳揺れ描写があります。男性キャラにおっぱいが描かれたシーンです。
La sexilinea (TV Short) - IMDb
La Linea (TV series) - Wikipedia

『旅のロボから』(2015年 沖浦啓之監督)
リアリズム系乳揺れ。技術の粋。

未見なんですが、新海誠監督『君の名は。』に乳揺れシーンがあるそうです。

『DAICON Ⅳ』より2年も早い!日本初(?)の乳揺れアニメ『おてんば宇宙人』 - 二速
こちらの記事の追記部分に出てくる『宇宙魔神ダイケンゴー』の件ですが、次のツイートによれば、第24話「星魔王の挑戦」(1979年2月1日)だということです。
https://twitter.com/kenken_yamata/status/591544877369856000

乳揺れ表現創始者宮崎駿監督説
動きのリアリズムを突き詰めた結果揺れる、というのはありそうな話だとは思うんですが、はっきりとしたことはわかりません。
「死の翼アルバトロス」(1980年)のノーブラ(たぶん)巨乳アクションシーンという、ここで揺れずしていつ揺れるというシーンでも、明確な揺れは見つけきれませんでした。

https://twitter.com/ikuto_yamashita/status/679937168551227394
山下いくと氏のツイート。『どろろ』と乳揺れ。

ウィキペディアの「乳揺れ」の項は、10年前に一度削除されていますが、今年復活しています。
Wikipedia:削除依頼/乳揺れ - Wikipedia
乳揺れ - Wikipedia