「共感的羞恥」論文リスト

[広告]



「あの恥ずかしい気持ちには名前があった」に追記をしてきましたが、長くなってきたのでページを分けます。

英語論文は、Google Scholarでの"vicarious embarrassment"と"empathic embarrassment"の検索結果などから、被引用数(Google Scholarによる)の多い論文4件、古い論文2件、その他2件を選びました。内容はほとんど読んでいません。
日本語論文は、CiNii Articlesでの「共感的羞恥」と「観察者羞恥」の検索結果などから見つけたものをすべてリストにしています。

英語論文

1975年
Edward L Fink
An empirical analysis of vicarious embarrassment : a study of social interaction and emotion.

1978年
Rowland S. Miller
Empathic embarrassment : reactions to the embarrassment of another
1979年となっている次の論文と同じものなのかは確認していません。
[被引用数4] ERIC - Empathic Embarrassment: Reactions to the Embarrassment of Another., 1979

1987年 [被引用数139]
Rowland S. Miller
Empathic embarrassment: Situational and personal determinants of reactions to the embarrassment of another
同じ著者で似たタイトルの1978年(1979年?)の論文がありますが、よく引用されているのはこちらのようです。

2011年 [被引用数37]
Eric L. Stocks, David A. Lishner, Bethany L. Waits and Eirah M. Downum
I'm embarrassed for you: The effect of valuing and perspective taking on empathic embarrassment and empathic concern

2011年 [被引用数52]
Soren Krach, Jan Christopher Cohrs, Nicole Cruz de Echeverria Loebell, Tilo Kircher, Jens Sommer, Andreas Jansen, Frieder Michel Paulus
Your flaws are my pain: linking empathy to vicarious embarrassment

2011年 [被引用数29]
Skyler T. Hawk, Agneta H. Fischer, and Gerben A. Van Kleef
Taking your place or matching your face: two paths to empathic embarrassment

2015年
Noga Adler, Jonathan Dvash, and Simone G. Shamay-Tsoory
Empathic Embarrassment Accuracy in Autism Spectrum Disorder
共感的羞恥と自閉症の関連に関する研究のようです。次のページに内容紹介があります。
People with ASD May Be Overwhelmed by Emotions - (iLs) - Integrated Listening Australia

2015年 [被引用数2]
Martin Melchers, Sebastian Markett, Christian Montag, Peter Trautner, Bernd Weber, Bernd Lachmann, Pauline Buss, Rebekka Heinen, Martin Reuter
Reality TV and vicarious embarrassment: An fMRI study

日本語論文

2008年 桑村幸恵 CiNii 論文 - 自由記述による共感的羞恥喚起場面の収集
2009年 桑村幸恵 CiNii 論文 - 共感的羞恥と心理的距離
2010年 桑村幸恵 CiNii 論文 - 観察者羞恥の発生要因についての一考察
2010年 桑村幸恵 CiNii 論文 - P1-09 なぜ、人の行為を見て恥ずかしくなるのか : 共感性と行為者の態度を指標に(ポスター発表)
2011年 桑村幸恵 CiNii 論文 - P1-25 観察者羞恥と役割取得・共感的配慮・個人的苦痛との関連(ポスター発表(1))
2014年 原奈津子 観察者と行為者との関係性が観察者羞恥に与える影響