読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パプアニューギニアの魔女狩り

[広告]



記事には「報道によるとレニアータさんは、息子を殺害したと認めていたという。」とありますが、息子ではなく近所の子供のようです。
次の記事(英語)が詳しく報道しています。

Accused witch Kepari Leniata burned alive on pile of tyres in Papua New Guinea | Mail Online

この記事には「She had confessed to killing a boy 'with sorcery' while being tortured」とあり、自白は拷問の最中になされたようです。

参考リンク:
Sorcery Act 1971(英語)
刑法における呪術行為の違法性 1 第五節 明治以降

続きはこちらです。